シェアする

『HGUC 1/144 RGM-79D ジム寒冷地仕様』~合わせ目消しうまくいかず・・・

【作業内容】
・ゲート処理
・合わせ目消し(失敗)
・スミ入れ
・マーカー部分塗装(マーカー部分塗装解説用)

ポイント

・自分の技量で可能な限り細かいところまでスミ入れした
・シールを使わずガンダムマーカーで再現

◆完成写真

―スミ入れまでの完成写真

Front

Side

Back

Shield

Head

―マーカー部分塗装後の写真

Front

Side

◆作業風景

作業内容詳細はガンプラHOMEで紹介

『スミ入れ』の詳細↓

少しは役に立つかも?!ふくろうまんのオリジナル解説~スミ入れ編
□こんな方にちょっと見て欲しい!「調べながらスミ入れしてもうまくいかない」「拭き取ったりする作業がめんどくさい」ガンプラつくるならマスターしておきたい"スミ入れ"おそらくガンプラ販売当初から行われており、ネットなどで散々解説されているが、再

『マーカー部分塗装』の詳細↓

少しは役に立つ?ふくろうマンのオリジナル解説~マーカー部分塗装
□こんな方にちょっと見て欲しい!「付属のシールを使いたくない」「ガッツリではないが部分的な塗装はしたい」「ガンダムマーカーってどうやって使うの?」HGではお馴染みのオイルシールデカールならまだしも、シールって剥げてくるしちょっとカッコ悪いで

◆作業コメント

〇合わせ目消しがうまくできなかった

本やネットで調べながら合わせ目消しを行ったが、溶着面が広がり過ぎて落とすのに手間がかかったり、そのまま残ってしまった。さらに、こすり過ぎてパーツの形状にも影響してしまう。初心者にとっては少し技術を必要とする作業だと思ったのでもう少し私のようなほぼ初心者でも出来るような方法を探っていきたい

〇つまようじをうまく利用することでスミ入れ上達

スミ入れするペンや塗料はあるものの、実際に使いこなすのは意外と難しい。
どうしてもはみ出たりする部分は拭き取りながらスミ入れするが、残したいところも拭き取ってしまったりもする。

そこで、敢えて乾かしてからつまようじで微調整することでうまくできた

今まで避けてきた細かい部分のスミ入れもこの方法で行った

今後は微調整の精度を上げ、細かく正確にスミ入れしていきたい

〇マーカー部分塗装により完成度アップ

プラモ作製にあたって付属シールを使用することが気に入らなかった
そこでガンダムマーカーでシールの部分だけでも塗装することにした

このガンダムマーカーもスミ入れと同じで、ただ塗るだけだとだいたいはみ出したりしてしまう
これも、スミ入れ同様につまようじで調整することで正確に塗装できた

また、シール部分以外もマーカー塗装で応用できた

マーカーを最大限に生かしてオリジナリティを高めていきたい