シェアする

『ズゴック(Z’GOK)』~全塗装、ウェザリング、ドライブラシの試し No.7

作製キット:MSM-07S ズゴック 1/144HGUC

作業内容
・全塗装
・ウェザリング
・ドライブラシ初挑戦!

作製コメント

どうしてわざわざこのキットを選んでしまったのか・・・
シャア専用の赤いズゴックを全塗装の練習用で作った。塗料のツヤが出過ぎたためウェザリング行い、ドライブラシという技法にも挑戦した。このキットを作り終えてレベルアップした。

完成写真へ

◆作製シーンの紹介

「うまくできた」「難しかった」「失敗した」など作業中の印象に残った内容を紹介します。

1.全塗装するなら組み立てる前にやらなきゃいけないパーツがある

塗装やスミ入れ、ウェザリングなどは、
一旦キットを組み終えてから行うスタイルなオレ。

しかし、一度組んでしまうと塗装し辛くなってしまうパーツがぼちぼち存在する。
だから組み立てる時は、

組んだ時の状態に気を付けながら

作業を進める

例えばこんな場所↓↓

写真のような”ツメ”のパーツの状態になると塗装が困難になる。
マスキングなどすれば出来ないこともないが、
めんどくさいし、かなり効率が悪い。

あともうひとつ気を付けていることがある。

切り離してから持ちやすいかどうか

これは未だに失敗するが、
塗装する時、「持ちづらくてやりにくい!」と反省することがかなりある。

そんなパーツは切り離す前に塗装しておきたい。

<組み立てで気を付けていること※全塗装の場合>

  1. 組んでから塗装しやすいかどうか
  2. 手に持って塗装しやすいかどうか

この2点は気を付けておきたい。オレ

2.塗装後のウェザリング、うまくできるのか?

前作までは、成形色に対してのウェザリング塗装だった。
今回はアクリル塗料の上からウェザリングがちゃんとできるのか、
検証の含めて挑戦してみた。

塗料の表面が少しザラザラしていたこともあって、
ウェザリングマスターの粉末や、リアルタッチマーカーのインクがのりやすかった。

なんとなくイメージでは、

「塗装が剝げたりするかなあ」

とか思っていたけど、問題なし。
しっかり乾燥させた後なら、拭き取る作業で剥げたりしない。
つまり、

塗装後のウェザリングは、成形色と変わらず行える!

3.ドライブラシって初めて聞いた技法だけど、黒パーツで有効かも

ドライブラシとは?
1.金属系の塗料を筆につける
2.ウエスなどで拭き取り薄める
3.塗装面をなでるように付着

この作業で金属感を表現する技法

黒いパーツのウェザリングに悩んだ時、この技法にたどり着いた。

下手くそなりには金属感に近づけた気がする。

黒いパーツは、”汚し”の塗装がなかなか表現しにくい。
いろいろ、参考までにTwitterなどいろいろ拝見してみたが、
この方法が自分に合っているし、難易度も高くない
低いとも言えないが・・・

もっと詳しく紹介できるくらい上達してえわ。

◆完成写真

作製レポート(自分用)

今後のスキルアップのための振り返り

『全塗装するなら2点に注意して切り離す!』

めんどくさいけど、
全塗装すると決めたら、パーツを切り離す前に
1.組んでから塗装できるかどうか
2.手に持って塗装しやすいか

この2つに注意して作業しないともっとめんどくさくなる。
とにかく、説明書の見本と切り離すパーツを何度も照らし合わせながら、
組み立てをすすめることがすごく大事なんだ。

『アクリル塗料で塗装してからウェザリングは異常なし』

ウェザリングは常に、拭き取るような作業がメイン。
不慣れなオレが一番心配だったことは、
アクリル塗料が剥げたりしないかということ。
もちろん、しっかり乾燥したあと行ったし、塗装面に異常はなかった。

むしろ塗料によっては、”汚し”がのりやすい物もありそう。
サーフェイサー後の表面みたいな仕上がりだといい感じかもしれない。

『ドライブラシは意外と初心者向けなのかも』

ドライブラシは黒っぽい色のパーツで使うと効果ある。
シルバー系のアクリル塗料さえあれば簡単に出来るし、濃さも加減しやすい。

「見た目は高難易度だけど、やり方は初心者向け」

この表現が一番しっくりくる。
ドライブラシの強弱などで印象を比較して、完成品の印象など比較してみるのもいいかも。

シェアする

フォローする