シェアする

『HG1/144 RX77-2 ガンキャノン』素組み、ゲート処理

作製キット:RX-77-2 ガンキャノン HGUC1/144

作業内容
・素組み
・ゲート処理

作製コメント

塗装などの不慣れなことは一切せず、ゲート処理を丁寧に行い素組みした。
ビームサーベル持ってないガンダムを買ったことなかったがこいつこんなにカッコよかったのか。
丁寧に作るだけでも大満足なキット!

完成写真へ

◆作製シーンの紹介

「うまくできた」「難しかった」「失敗した」など作業中の印象に残った内容を紹介します。

1.意外とゲート跡が目立ってしまうパーツ

少しゲート処理がめんどくさいと思ってしまうような小さいパーツでも、
部位によっては目立ってしまうところがある。

SNSなどでアップする時にはこういう細部もモデラ―の方々にチェックされている。
少しでも良く見せるためにはパーツの大きさに関係なく丁寧に作業したいところ。

2.ハメた時に見つけた多少のズレを修正

たまにあることだが、
正しく部品を組み合わせてもパーツ同士がキレイに揃わないことがある。

多少のことなら、放っておかずにヤスリなどで手直ししておきたい。

他の部位のゲート処理も写真付きで紹介しています

◆完成写真

作製レポート(自分用)

今後のスキルアップのための振り返り

『白化を消すためのゲート処理』


パーツカットした際に生じてしまう白化部分が、なるべく残らないようにゲート処理を行った
おおむね処理することは出来たが、白化を除去しようとすればするほどパーツが削れ過ぎてしまいそうな部分もあった。しかし、最大限に目立たないようには出来たので今回は良しとした

とにかく完成度の高いキット!』

今回作製したガンキャノンは全体的に丸みを帯びているところが特徴的で”カッコイイ昭和のロボット”という印象

様々なポージングが可能なくらい可動域も良好で、特に足首がよく動き、ほふくしてライフルを構えているポーズも違和感なく再現できる

このキットはアレンジしていきたい!