シェアする

少しは役に立つ?ふくろうマンのオリジナル解説~マーカー部分塗装

□こんな方にちょっと見て欲しい!
「付属のシールを使いたくない」
「ガッツリではないが部分的な塗装はしたい」
「ガンダムマーカーってどうやって使うの?」

HGではお馴染みのオイルシール

デカールならまだしも、シールって剥げてくるしちょっとカッコ悪いですよね?

せめてシールの部分だけでも

ガンダムマーカーで塗装したい!

という方も多いと思うので

散々紹介されているガンダムマーカーの使い方を確認の意味も込めて紹介します

●題材プラモデル「HG1/144 RGM-79D ジム寒冷地仕様」

マーカー塗装前の工程はスミ入れ
前工程については↓

⇒「少しは役に立つかも?!ふくろうまんのオリジナル解説~スミ入れ編」へ

1⃣マーカー部分塗装比較

塗装前

塗装後

本来シールによってカラーリングされる部分を塗料などを使わずにガンダムマーカーで補える

2⃣使用したもの

・クレオス ガンダムマーカー
・つまようじ
・マスキングテープ(100均)

3⃣シールを使わずマーカー塗装で再現する方法

1.基本的な作業手順

①30回以上振る
②塗る
③乾かす(1時間以上)
④つまようじではみ出た部分をこする

手順②「塗る」作業は最後の手順④「つまようじでこする」ではみ出た部分を微調整するので丁寧にやらなくてもOK

②「塗る」

・割とアバウトな感じでなるべくムラのないように心がける

・出し過ぎた場合は綿棒などで拭き取りながら作業する


④「つまようじではみ出たをこする」

・手順③でしっかり乾かしてから、つまようじでカリカリして落とす

・細かい部位はカッターなどでつまようじを研いで使用

塗装した部分も落とさないようにこの作業は丁寧に行う必要あり

つまようじ研ぐ前

つまようじ研いだ後

2.マスキングテープで型を作製し、シールの部分を塗装

シールの形状をマスキングテープに模ることでシールを使わず再現出来る

方法は「1.基本的な作業手順」と同様に行い、そこに以下の説明で作製したマスキングテープを使用

①シールをマスキングテープに貼る

使いたい部分のみ剥いだシール

マスキングテープに貼る


②線に沿ってカッターで切る

角ははみ出すくらいにカットすればキレイに取り除ける


③塗る部位に貼る

あとは同様に塗装するだけ

3.作業例

▽肩の黄色い三角

マスキングを剥いだ後は少し滲んでいたり余分な部分が生じるが、つまようじでカリカリして丁寧に落とす

▽腰部のV字

▽ランドセル・排気口

4⃣オリジナルの型を作製し「完成度&オリジナリティ」アップ

説明書などの見本写真には描かれていない部位にもマーカー塗装することでオリジナリティがアップ

1.スマフォなどのフィルムで型作製

100均で販売しているフリーカット仕様のフィルム使用

2.型の作製手順

①油性ペンで下書き


②カッターまたは、デザインナイフでカットする

直線は定規などあてながら

定規などあてて真っすぐカット


③マスキングテープにあててカットする

型になぞってカット

3.塗装例

▽対象部位

―模ったマスキングテープの貼り付け

―塗装

―マスキングテープを剥がして滲んだところをつまようじで調整

4⃣レビュー

コメント

  • シールが剥がれてカッコ悪くなる心配がなくなった
  • シールよりも完成度が高くなった
  • ガンダムマーカーだけでも、十分オリジナリティを高めてカッコよくすることができる

最後に

この記事はあくまでも自分自身の経験と見解によるものです

もしかしたらすでに同じやり方や間違った表現等含まれているかもしれません

アドバイスなども含め、何かご意見・ご指摘・質問等あれば是非コメントにてご教授ください!!よろしくお願いします!!

シェアする

フォローする