シェアする

少しは役に立つ?ふくろうマンのオリジナル解説~手抜き合わせ目消し

□こんな方にちょっと見て欲しい!
「組み立て済みのプラモがすでにある」
「バラしてから合わせ目消しするのがめんどくさい」
「時間がかかってしまうからなかなか終わらない」

ちょっと本格的につくるための

”合わせ目消し”

解説はネットや本で散々紹介されているが
しかし、技量が至らずなかなか再現出来ず時間もかなり費やしてしまう

私のように感じてる方も少なくないはず

「少しだけ手抜きしてやってみませんか?」

私なりに工夫した「ちょっと手を抜いて合わせ目を消す方法」のオリジナル解説を紹介します

●題材プラモデル 「HG1/144  RX-77-2 ガンキャノン」

「オリジナル解説~素組み編」で作製したガンキャノンを使用

「少しは役に立つ?ふくろうマンのオリジナル解説~素組み編」はこちら

1⃣「手抜き合わせ目消し」特徴

〇素組み後パーツをバラさずに出来る

〇完成後に目立つ部位だけ行うため作業時間の短縮化

完成後に目立つ部分だけ合わせ目消しを行うため、仮組みする必要なく組み立てた状態で出来る

2⃣合わせ消し前後の比較

本来の正しい方法と比較は持ち合わせがないため出来ないが、「手抜き合わせ目消し」でも合わせ目をおおむね消すことが出来た

3⃣使用したもの

  • タミヤセメント
  • デザインナイフ―タミヤ モデラーズナイフ
  • スポンジヤスリ―3M SUPERFINE(粗用) ULTRAFINE(仕上げ用)
  • ヤスリ(半丸型)
  • キムタオル、歯ブラシ(粉末除去用)

4⃣手抜き合わせ目消しの手順

基本的なやり方は既にたくさん紹介されているものとほとんど同じ
そこにひと工夫加えた方法を紹介

1.あらかじめタミヤセメントのブラシに細工をしておく 
ポイント💡

細工前

細工後

ブラシの先端を1/2以上カットする

先端をカットすることで塗る面積を最小限に抑える
接着剤が広がってしまった場合の様子

2.手順

①タミヤセメントを塗る
②30秒くらい指で押さえる
③1日以上乾かす
④溶着面をこすり落とす
⑤2種類のスポンジヤスリで仕上げる

①「タミヤセメントを塗る」

溶着後

・あらかじめ細工したタミヤセメントのブラシを使って消したい合わせ目に塗る

ポイント

塗る面積を極力小さくするように心がける
⇒手順④のときに削り落とす手間が減る


②「30秒くらい指で押さえる」

・隙間があると失敗しやすいため少しギュッと押さえてから乾燥させる

・乾燥時間は最低1日以上

⚠接着剤に触れないよう注意!
触れてしまったらすぐに石鹸で洗い流すこと!


④「溶着面をこすり落とす」

・乾燥して溶着した接着剤をデザインナイフでこすり落とす

【デザインナイフでの落とし方】
―削る面に対して刃を立てて使う
―溶着部分に沿ってあまり力を加えずになぞる

★ポイント

・この段階で溶着部分を落とすようにする
もし取り切れない場合は、無理してこすらないようにする
⇒合わせ目が浮き出てくる

手順④の途中経過

手順④の加工後


⑤「2種類のスポンジヤスリで仕上げる」

・スポンジヤスリは幅1cmくらいに切り、折り曲げて使用する

・3MのSUPERFINE(粗用)ULTRAFINE(仕上げ用)を使い分けて仕上げる

「オリジナル解説~素組み編」のゲート処理同様にスポンジヤスリで仕上げる
スポンジヤスリ使用方法について紹介している「オリジナル解説~素組み編」はこちら

SUPERFINE(粗用)使用後

ULTRAFINE(仕上げ用)使用後

●悪い例

・「①タミヤセメントを塗る」
⇒必要以上に接着剤が広がってしまうと仕上げた時に溶着跡が落ちづらくなる

必要以上に広がった接着剤

残ってしまった溶着跡

接着剤が広がり過ぎると溶着面を落とすのに手間がかかってしまう

3.作業例

▽キャノン

▽ランドセル

▽武器(ビームライフル)

▽頭部

5⃣完成レビュー

Front

コメント

  • 見える部位だけでも合わせ目消しをするだけで素組み感も解消された
  • 必要以上に合わせ目消しをしなくて済んだ
  • 最近のキットは特に合わせ目の露出部分が少なくなるように設計されているようなので、処理が必要な部位が少なかった

最後に

この記事はあくまでも自分自身の経験と見解によるものです

もしかしたらすでに同じやり方や間違った表現等含まれているかもしれません

アドバイスなども含め、何かご意見・ご指摘・質問等あれば是非コメントにてご教授ください!!よろしくお願いします!!