シェアする

【作業風景】『ディアウォール』~知識ゼロ・技術ゼロ・工具不十分・やる気マックス

写真内のお見苦しい箇所はご了承願います

ディアウォール

「DIYも少し慣れてきたな」

「よく画像検索で出てくるディアウォールってなんだ??」

「なんかカッコイイな!」

まだまだ、技術は乏しいが

ディアウォールやってみよう!

★作業ポイント
・テレビ裏にディアウォール設置し、リビング全体の雰囲気を変える
・壁に穴を空けない
・「技術ゼロ・知識ゼロ・工具不十分」の人が挑戦してみた

◆使用・購入品リスト

  • パネリング(B品)—長さ2000㎜×100㎜×12㎜ 15枚組×2set
  • 2×4材―6ft 2本
  • 桧材—長さ910㎜×幅30㎜×厚さ25㎜
  • 突っ張りジャッキ―2個1組
  • 塗料―アサヒペイント 水性ウッドリフォームペイント(ダークオーク)
                

◆作業風景

「知識ゼロ・技術ゼロ・工具不十分・やる気マックス」で行った『ディアウォール』の作業風景を紹介します
(なお、作業時はブログに載せることを考えていなかったので写真に限りがありますがよろしくお願いします)

手順1.材料の準備~切断

ディアウォールといっても使用する材料などに定義があまり存在せず、とりあえずは壁に板が張り付けられてる風になればいいと考えた。

私が採用した主な材料はパネリングと呼ばれるフローリングなどに使用されている無垢の板。

フローリングとして売り物にならなかった不良品(B品)を安くホームセンターにて購入した。

そのパネリングを設計した長さに電動ノコギリでカットしていった

材料切断風景

2枚ずつ重ねてクランプする

また、電動ノコギリは両手で作業を行わなければならない。なので、なるべくキレイな靴を履き、足で踏み抑えながら固定した。

桧材によるパネルの補強

板の厚さ・長さを考えた時に、中央部分が形状的に曲がりやすいと思った。
そこで考えたのが角材を中央の裏側に補強することで反りなどを強制すること。
※最後に補強することが困難だと考えたため、あらかじめ5枚ほど張り付けて置いた

2.ジャッキで支柱の設置~パネリング張り付け

2×4材専用のジャッキを使用してディアウォールの支柱を設置した
これにより、壁に穴を空けなくて済む
(ディアウォール用の2×4材専用ジャッキを発見したというほうが正しい)
写真2のように市販の滑り止めも敷いた

また、「幅木」と呼ばれる壁と床に接する板が存在し、
その厚さ分、隙間が生じてしまう

幅木による隙間の発生
ふくろうマンポイント💡
同じくらいの厚さの端材をスペーサとして活用!

柱に隠れるくらいのサイズでネジで張り付けた

3・組み立て~板の張り付け

窓の高さに合わせた設置

パネルの溝をはめるようにして上から順に張り付けた
⇒上部の窓の高さに合わせたかったため

なんとなく”形”にはなってきた

(板の張り付け方は個人のセンスというか自由ですね)

また、パネリングを二重にして使用することで板の強度不足を解消
(実際12㎜の板だけだと曲げに弱そうだったので)

4.完成!

塗装しただけでだいぶ良い雰囲気が出てきた

今回使用した色は「ダークオーク」
塗装する面積も広いため、選択する色によってリビング全体の雰囲気もアレンジできそうだ

★コンセントの配慮

テレビなどのコンセントの位置が丁度ディアウォールで隠れてしまうところにあった

パネルの溝を利用して開閉できるようにした


〇購入一覧

品名サイズ単価数量
パネリング
(B品15枚)
600㎜×100㎜×12㎜30802セット
2×4材6ft3788
桧材910㎜×30㎜×25㎜6001
ジャッキ3ft10001セット
合計10784

◆作業レポート

今後の活動に生かしていくための振り返り

コメント(うまくいったことなど)

―『ディアウォールの材料選択について
大分頭を悩ませたが、たまたまホームセンターでパネリングを見かけたことをきっかけに作業をすすめることができた。B品ということもありコストも抑えめだった。

ー『落ち着かないリビング周辺の改善
元々は、なんとなく統一感に欠け、ごちゃついた印象のあるリビングのテレビ周辺だった。ディアウォールを設置したことで部屋の雰囲気が締まり、ディアウォール軸の空間の印象に変わった気がする

ー『初心者ながらも挑戦してみたこと』
知識・道具が不十分なりに、イメージに近い仕上がりとなった。

反省・改善点

  • 完成したときの存在感はあるが、色が濃いため
    多少の圧迫感はあった
     ⇒ウォール面積を小さくするだけでも印象は変わるかも
  • 切断面のやすりがけを怠ってしまったため
    近くでみると粗っぽさが目立つ
  • 今回は水性塗料を使用したが、オイル等の方が
    部屋には馴染んでいたかも
  • パネルを張り付けたネジがおもて面になっているため見た目が気になる

その他の作業風景