シェアする

【第1週目】HG1/144 ジム・インターセプトカスタム 【夜な夜な模活】

ガンダムblog「夜な夜な模活」ー1週間分の作業報告です。
仕事で忙しい日々の中、どんなにささやかなことでも少しずつ作業を進めることを心がけています。

各曜日ごとの作業内容

各曜日ごとにプラモデル作製を行った「作業時間」「作業内容」などを簡単な日記形式で紹介します。

月曜日

作業時間:1分
作業内容:箱の包装を開封する

箱の中身ではなく、箱を包装している袋取り除いた。これをやっておくのとやらないのとでは全くモチベーションが変わる。もっと言えば、箱の中身を一度覗いておくだけでワクワクが止まらない。

火曜日

作業時間:1分
作業内容:箱の中身を取り出すだけ

箱の中から中身を取り出し、説明書に目を通しながら気持ちを高ぶらせていく。でも、まだ作らない。作製にさしかかった時に散らかっていくことを考えると少し勇気が必要。要するに片付けを考えると、作り始めることに躊躇し始める。

水曜日

作業時間:5分
作業内容:ランナーを袋から取り出すだけ

袋からランナーを取り出し、いよいよ作り始めるぞ、というところまで準備する。ここまで辿り着くのに費やした時間は3日、時間にして7分。ふざけすぎた。

ただここで大事なのは、ランナーに欠品・不備がないか確認することだ。想像ではあるが、ここはプラモデルファンの方たちは怠っている気がする。オレは小学生の頃、実際に欠品していたトラウマがあるから確認は怠らない。ちなみにその当時のキットは”BB戦士”。500円程度で購入できるあのガンダムが大好きだった。

木曜日

作業時間:20分
作業内容:切り離し開始

いよいよパーツの切り離しを始めた。

上級者となれば、一度に全て切り離してしまうみたいだが、オレには無理だ。初心者ってわけじゃないけど説明書通りに進めないと組める気がしない。だから、少しづつ、少しづつ・・・

金曜日

作業時間:60分
作業内容:組み立てながら、パーツ切り離し

次の日休日というとこも相まって、やり始めると作業が止まらない。切り離しては組み立て、繰り返すうちにパーツが完成していく。ガンプラって楽しいなと改めて実感していく。

とはいえ、自分が思っている以上には進んでいないようだった。

1週間の振り返り

1週間の合計時間:87分

最近、10年以上ぶりに再開・再燃したガンプラ。その進捗状況をTwitterで毎日発信することで自分自身にプレッシャーを与える。その内容をまとめたのが本ブログである。

とはいえ、開始3日間はほぼやっていないに等しい内容だった。しかし、一度ニッパーを持ち出すと時間を忘れるように作業が捗っていった。あの頃のワクワク・ドキドキしながらガンダムに向き合っていた感情が蘇ってきた。

それだけでも価値ある1週間でした。

シェアする

フォローする