シェアする

少しは役に立つかも?!ふくろうマンのオリジナル解説~素組み編

□こんな方にちょっと見て欲しい!
「ニッパーで切った跡を目立たなくしたい」
「塗装とかしないけどちゃんと作りたい」

一番最初に覚えておきたい

素組み

本やネットで散々解説されておりますが、再々確認という意味で

自分なりに解説!

とりあえず完成した詳細写真見てくれる方はこちら

【STEP1】作業前の確認・準備

●題材プラモデル「HG 1/144 RX-77-2 ガンキャノン  」

1.部品の確認

まず、取扱説明書の記載と照らし合わせ、付属の部品内容が合っているか不足していないかを確認
昔プラモデルを作っていたときは、パーツが足りていないことが意外と稀にあったのである程度は目を通しておくことが必要
※万が一不足していた場合は説明書の案内にて対応のこと

2.準備したもの

  • ニッパー
  • ヤスリ
  • 歯ブラシ(やわらかい)
  • スポンジヤスリ2種類
    ―3M URTRAFINE(細かい)、SUPERFINE(粗い)
  • キムタオル
作業に使ったもの

〇それぞれ使用する道具について

【ニッパー】
大きさや精度によって種類は様々だが、大きすぎず極端に安価でないもの

【ヤスリ】
裏表で曲面と平面になっているもの1本あればほとんどの部位で使える

【歯ブラシ(やわらかめ)】
粉末を除去する際、エアーで飛ばすと散らかったり、目や口に入るためやわかめの毛先でブラッシングする

【スポンジヤスリ】
ホームセンターなどでも購入可能
ゲート処理で使用

【キムタオル】
作業する際下に敷いておくと掃除が楽

【STEP2】パーツの切り離し

パーツを組み合わせるまでに ”切り離し” ”ゲート処理” といった手順を踏む

この作業を丁寧に行うだけでも完成度が20%くらいアップする・・・はず・・

1.ニッパーで切り離す手順

①余分にカット②ギリギリまでカット この2段階でパーツを切り離す

2.完成後に隠れるような部分は1回でギリギリまでカットする

”PC”と表記されるポリキャプや、組み立ての時にはめ込まれることで隠れる部分が存在
そういった部分は1回でキレイにカットしてしまう

説明書の完成図と照らし合わせながら少しでも無駄な作業を削減
⇒作業時間の短縮化

⚠PCなどは最低限キレイにカットしないとはめ込んだ時に隙間が生じる可能があるため注意

【STEP3】ヤスリがけによるゲート処理

「ニッパーで切り離す手順」の次に、切り跡が目立たなくする”ゲート処理”を行う
主にヤスリとスポンジタイプのヤスリを使用する

1.ゲート処理3パターンの使いわけ

・パターン① ヤスリのみ
→パーツの淵のみ切り跡の場合

・パターン② スポンジヤスリのみ
→切り跡が極めて最小限かつ凹凸が少ない場合

・パターン③ ヤスリとスポンジヤスリ
→切り跡の凹凸もあり、組み立ててから少しでも露出する部分の場合

基本的に使用するパターンは③ヤスリとスポンジヤスリ

2.ゲート処理の作業手順 

ゲート未処理の状態

手順1 ギリギリまでカット

手順2 ヤスリがけ

★各部位のヤスリがけのコツ
〇直線ライン―――なるべく狭い範囲でボコボコをなくすだけ
理由:広い範囲でこする次工程のスポンジヤスリで仕上げたときに粗の面が落ちにくくなる

〇曲線ライン―――ラインに沿ってヤスリがけ
理由:直線的にこすってしまうとラインの形状がいびつになってしまう

手順3 スポンジヤスリで粗と仕上げ

部分的ではなく「手順2 ヤスリがけ」よりも広い範囲でこする
―❌部分的だとこすった部分が目立ってしまう
―⭕まんべんなくこすっておくと処理した部分が分かりづらくなる

スポンジヤスリによる処理後

3.作業例

▽曲線ラインをゲート処理した例

▽組み合わせてから処理した例

▽ちゃんとやっておかないと意外と目立ってしまう一例(黄色いパーツの際)

4.その他応用したこと

ゲート跡とは別に、製品の精度の関係上組み合わせたら多少のズレが生じて少し段になってしまうことがある
その場合も”ゲート処理”を応用してリカバリーすることも出来る

製品精度の関係上生じたズレ

⇓⇓ ヤスリがけ ⇓⇓

⇓⇓ スポンジヤスリ ⇓⇓

リカバリー後

この程度の微々たる不具合なら解消出来た

しかし、日本のプラモデルを成型している金型は、世界で見ても化け物クラスらしいのであからさまな不具合はほとんどないと思われる

海外製品はまだ買ったことないが・・・

【Ohters】作業の高効率化のための工夫

普通に組み立てるだけでも思ったよりも時間を費やしてしまうプラモデル
本当なら早く組み立てを終えて、塗装などに時間をかけていきたいのですが・・

そこで、

というほどでもないが

私なりにこうすれば早くつくれそうだなーと思ったポイントの紹介

1.「切り離し→ゲート処理→組み立て」これを一貫して行う

極論を言ってしまうと、

①「全パーツの切り離し」②「全パーツのゲート処理」③「組み立て」

この順番での作業がおそらく一番効率が良く一番早い

しかし、部品をしっかり小分けにしたりそもそも作業に慣れていないと部品が分からなくなる恐れがある

2.まずは出来る範囲で一貫していく

上の写真のように同じ部位や左右対称のパーツが並んでいることも多い

説明書通り進めたうえで、そういうものからまとめて切り離していけるようにする
→何度もニッパーとヤスリを持ち替えたり、ランナーを探したりする時間を削減

現時点での私の技量で工夫できることはこの程度・・・

完成レビュー

これまでの工程を終えて、実際に組み立てた時の細部を紹介

全体写真

コメント

  • 全体的に見るとゲート跡が目立たなくなってカッコイイ
  • 細部に亘って見れば“ポツン”と白く残っているのがわかる
  • 技量の至らなさもあるが合わせ目消ししないと大体こんなもんな気もする

最後に

この記事はあくまでも自分自身の経験と見解によるものです

もしかしたらすでに同じやり方や間違った表現等含まれているかもしれません

アドバイスなども含め、何かご意見・ご指摘・質問等あれば是非コメントにてご教授ください!!よろしくお願いします!!