シェアする

『パレットフレームラック』~パレットから作製しました【作業風景】

「パレットの使い道は広いな」

「構造も簡単で見た目もカッコイイな」

「パレットから作製して完全オリジナルサイズにしたい」

パレットの作製から行い

パレットフレームラックを作ろう!

(正式名称は不明・・・)

結構気軽に取り組んだハズが・・・

★作業ポイント
・木部用接着剤のみ使用
・1×4材を棚板として採用

◆使用・購入品リスト

  • 桐集成材(250×910×13㎜)
  • 1×4材(6ft)2本
  • 1×4材(3ft)
  • 角材(30×30×1200 2本)

作製費 約2500円(塗料代除く)

◆作業風景

作製した手順を作業風景として紹介します

手順1 材料の準備

加工した部位、使用した工具を説明

(加工部位 ―― 材料 ―― 使用工具)

  • パレットの板 ―― 桐集成材 ―― 丸ノコ
  • パレットの支柱 ―― 角材 ―― ノコギリ
  • 棚板 ―― 1×4材 ―― 丸ノコ

桐集成材の加工中、問題発生!

材料が割れてしまった!

そんな時は

『木工用ボンド』の出番です

割れた部分をピッタリ合わせる。

そもそも、「集成材」と呼ばれる材料は木部用の接着剤が使用されて形成されている。

そのため強度の不安もなし。

”桐材”は特に柔らかい(衝撃に弱い)材料であるため、少しのひび割れも要注意。

亀裂があれば、敢えて一度割り再修復した方が安全かもしれない。

手順2 パレットの組み立て

木部用接着剤のみでパレットを作製していく。

棚板として使用する1×4材の厚さが19㎜ほどなので、パレットの隙間を20㎜くらいで等間隔に張り付けていく。

この間隔にバラツキがあると、棚を組んだ時に傾いてしまう。

この”等間隔に張り付ける”作業にかなり苦戦した。

適当な材料をスペーサーとして利用する。

ふくろうマンのミステイク✖
スペーサーを挟む度にボンドで張り付けた板が少しずつズレていた。

一度接着してしまった板の修復は出来ず、パレットの隙間はキレイな等間隔とはならなかった。

手順3 塗装

パレットには、桐材に浸透しやすい水性オイルステイン(和信ペイント)を使用。

棚板では、試しに 

1.ビンテージワックス(クリア) 

2.水性ウレタンニス(クリア) 

3.ワトコオイル(ナチュラル)

この3つを比較してみた

まずは、パレットの塗装

塗料が浸透しやすいがゆえに、技量不足による色ムラがくっきりでてしまった。

<3つの塗料の仕上がりを比較>

下手くそだったということが否めないが、正直、表面上の仕上がりの違いはあまりわからなかった。

「ウレタンニス」が一番表面上の仕上がりが分かりやすい。

手順4 棚板差し込み

最後に好みの高さの位置に棚板を挿し込む。

しかし、手順2 のパレットの作製で失敗しているため、スムーズに棚板が入らない。

ハンマーなどで軽く叩きながら押し込む形となった。

完成!!

パレットフレームラック

なにはともあれ、使用上は気になりそうな点は特になさそうなので良しとする。

塗装のせいかはわからないが、パレット感があまりないように思える。

◆作業レポート(自分に向けて)

今後に生かしていくための振り返り

●コメント(よかったことなど)

ー『木部用接着剤のみで組み立て』

比較的接着剤との相性がいい桐材を採用することで、頑丈な組み立てとなった。溶剤のはみ出しも端材などで拭き取り、跡が残らないように心がけた。

ー『パレットからの作製』

市販のパレットを購入せず、完全オリジナルサイズでパレットを作製した。幅・高さなど自分が求めたサイズの棚を作ることが出来た。

ー『高さの調整や棚板を追加することで自由自在』

パレットの隙間分6段階の高さを選択することができ、1×4材を追加することで収納棚を増やすことが出来る。

●改善・反省点

  • 記事中にも記述したが、パレットの板を張り付ける際、接着が不十分にもかかわらず作業を進めてしまったため格子の間隔が左右で少しズレてしまった。
  • ”たかがパレット”だけですごい苦労してしまった。張り付けるだけならまだしも、設計通りに作製するためには治具を準備するなどの工程が必要だったのかもしれない。
  • 色合いに統一感がなく、デザイン性に欠ける
  • パレットに文字などいれるとイメージに近づくかも

シェアする

フォローする