シェアする

【作業風景】『積みプララック』~積みプラのつもりではなかったけど・・・

「やばい・・ガンプラ買い込み過ぎたわ」

「置く場所ないぞ・・・」

ガンプラの箱積み専用の

ラックをつくるぞ!

★作業ポイント

  • あまり時間費用をかけずに作製
  • キャスターが付いた移動式ラック
★作業ポイント
・時間とコストをかけずに作製
・キャスター付きで移動式

◆使用・購入品一覧

  • すのこ―幅33mm×長さ750mm×厚さ(板1枚あたり)14mm 5枚
  • 木製立方体ブロック(ダイソー) 12個
  • キャスター 4つ

作製費用 1500円

◆作業風景

完成までの作業風景を簡単に紹介します

手順1.簡易式軸受けの取り付け

立方体ブロックを写真1のように取り付ける
⇒この位置で棚の高さが決まるため、コンベックスなどである程度正確
測って印をつけないと傾いてしまうので注意した

また、今回はあまり強度を必要としなかったため、ネジは1面に付き1本という感じで手抜きの取り付けになった

手順2.棚板の取り付け

あとは写真2から3のように下段から順にすのこを取り付け

手順3.キャスターの取り付け

最後にキャスターを付けた

店頭にあったキャスターだけでも自在・固定の2パターンがあったり、耐荷重やサイズが様々だった。
今回はガンプラの箱の箱積みを用途としていたため、耐荷重をあまり考える必要がなく、一番小さいサイズのものを選択した。

完成?

私の計画ではこの時点で完成の予定だったが、DIYを経験されてる方なら(いや、だれでも気が付く)想像できると思うが、横のグラつきが酷かった。おそらくすのこの板の並びにも原因があるが、全体を支える骨組みの構造がダメだった・・・

そこで急遽、角材を購入し補強することにした。

板を張り直すなどで解消できそうだったが
そこまでする程のものでもなかったので・・・

写真5のような桧材で写真6のように取り付けた

とりあえず下段のたわみと横揺れは多少改善された

完成!

積みプラ

これくらいの荷重なら耐えられそうだった

◆作業レポート

今後の活動に生かしていくための振り返り

コメント(よかったことなど)

ー『時間とコストをかけずサクッと

今回のプラモ箱ラックは木材カットなどを行わず、
簡易的に行うことが目的であった
棚受けとして使用した立方体ブロックは、ある程度の大きさなら
棚受けとして使用でき、わざわざ木材をサイズに合わせてカットする手間が
省ける
と感じた

ー『棚としてだけではなく・・・

たまたま使用したすのこの格子が縦並びだったので、棚の横にも
フックをかけてなにかしら有効活用できる

反省・改善点

  • すのこの格子や板1枚あたりの厚さも、各店頭や店内でも
    様々な種類があるので用途に応じて選択が必要
  • やはり塗装なしだと物足りなさが否めない