シェアする

【作業風景】『たんす』~引き出し作るのも一苦労なんだな

「丁度いいサイズのたんすが見つからない」

「作るの難しいのかなあ・・・」

たんすっぽい物を作ってみよう!

★作業ポイント
・見た目だけでも「たんす」っぽくなるように頑張った
・金具を使わないで引き出しを付ける
・キャスターが隠れるように設計

今回は自分の中ではかなり大掛かりな作業になりそうだと思ったため、手書きで設計図を描いた

◆購入した材料・備品

  • 桐集成材―長さ910㎜×300㎜×13㎜ 3枚
         長さ910㎜×400㎜×13㎜ 3枚
         長さ910㎜×150㎜×13㎜ 2枚
         長さ910㎜×100㎜×13㎜ 3枚
  • パイン集成材―長さ910㎜×350㎜×18㎜ 1枚
  • 角材—長さ910㎜×25㎜×15㎜ 1本
  • キャスター―1方向固定タイプ 2個
          自在タイプ 2個
  • 塗料—和信ペイント 水性ウレタンニス 色:新チーク
  • 取手

作製費 約11,000円

◆作業風景

作業手順や加工した様子などを紹介します

1.材料加工の様子

電動ノコギリで木をカットする際のベースを自作した
(厚さ40㎜くらいの木に長さ35㎜の鉄板を張り付けただけ)

写真2のように鉄板がノコギリのガイドの役割を果たし、木材をノコギリで真っすぐ切ることが出来る

写真3~5が実際に電ノコ用ベースを使用して加工した様子

引いた寸法線を鉄板にあわせて、押さえる
あとは鉄板をなぞるようにして電動ノコギリを動かす

ふくろうマンのミステイク✖
・固定方法が間違っている
・鉄板と電動ノコギリの干渉が危ない

固定方法は材料に乗っかているだけなので不安定であり、体勢もものすごく悪く危険極まりない。
さらに、このベースを用いて加工できるサイズが限られてしまう。

⇒専用の作業台などにクランプして固定する。小さい材料ならば木材用バイスを使う方法もある

2.側板・天板・底板など組み立て

早速、たんすの骨組みにもなる枠の部分を組み立てた

写真7のように、側板には引き出しをスライドさせるための角材を取り付けた。
引き出しを付けた時に平行がとれるようしっかり寸法を測りながら作業を行った。

3.引き出しの作製

基礎知識なしで思うがままに引き出しを作ってみた

引き出しは上2段が同じサイズで、下段には大き目の引き出しを設けるように考えた

写真9のように組み立てて、引き出しの表面となる前板を取り付けした

前板の取り付けにはL字型金具を使用

下段の大きい引き出しも同様に作業を行う

引き出しがなんとか形になり、一度スライドさせてみた

スライドの動きには問題なし。しかし、一通りの組み立て作業を終えると、電動ノコギリの切断面が汚すぎて目立つ

4.塗装~完成!

塗装後

水性ウレタンニスを2度塗り
引き出しは前板のみの塗装した

最後にキャスターと取っ手も付けた

ふくろうマンポイント💡
底板を床面から離し、側板を床面ギリギリになる設計によりキャスターがうまく隠れた

※後ろに補強として1枚の板を取り付け(写真”back”)

◆作業レポート

コメント(よかったことなど)

ー『見た目だけでも”たんす”っぽくなるように・・・』
作業工程・手順などはさておき、見た目はたんすのように出来上がった。
(見た目だけは・・・)

ー『キャスターが隠れる設計について
「後輪は固定タイプ」「前輪は自在タイプ」を使い、前輪駆動にした
⇒すべて自在タイプだと動き過ぎると思った

たんす枠の底板(枠下の板)をキャスターの高さ分計算して
引っ込める設計にすることでキャスターを見えなくすることが出来た
また、動きにも支障はなかった

反省・改善点

  • 電動ノコギリで切断作業を行ったため切断面が汚い
    ⇒丸ノコ購入した
  • 加工するための簡易的なベースを作ったが、
    体勢が悪くなったり、大きすぎる材料では使い辛い
       ⇒後々は加工するようのテーブルを用意
  • 桐集成材に頼り過ぎたため、軽量ではあるが
    強度に不安要素あり
       ⇒構造と材料選択から改善の余地あり
  • 引き出しの基本的な構造が間違っていた
      ⇒BOXを作ってから、前板を張り付ける
  • スライド部分がシンプルではあるがダサい
      ⇒初心者だからしょうがない
  • コストがかかりすぎ


シェアする

フォローする