シェアする

『DIY関連のツールラック』~場所とらない壁際の収納アイテム

「DIY関連のツールが増えてごちゃごちゃしてきた」

「使いたいときにすぐに取り出せるようにしたい」

「使わない時は見えないように収納しておきたい」

普段はカバーをして使いたい時にすぐに見つけられるような

『DIY関連のツールラック』を作ろう!

★作業ポイント
・壁際に置けて省スペース
・普段は目隠しをして雰囲気を害さない
・自由度の高い収納

>>>この作業のもう少し詳しい説明

『DIY関連のツールラック』~もう少し詳しい”ピックアップ作業風景”
『DIY関連のツールラック』に関する作業内容を「ピックアップ作業風景」としてもう少し詳しく紹介しています。合わせて失敗例なども紹介しているので、参考までにご覧ください・・・

◆使用・購入品リスト

  • 1×4材(6ft 4本)
  • 角材(30×30×910㎜)
  • 麻ロープ
  • 赤松(30×40×985㎜)

作製費 2500円(塗料代除く)

◆作業風景

各工程の作業風景を紹介しています

[おまかな作製手順]

  1. 材料の加工・準備
  2. フレームと土台の塗装・組み立て
  3. 背板の張り付け・塗装
  4. サイド・フロントカバー作製
  5. 完成

1.材料の加工・準備

加工した材料:部位
・1×4材:背板
・赤松(40×30×900㎜):フレーム
・杉材(25×200×600㎜):土台

土台の角には「ホビーカンナ」で面取りを施した(ちゃんとしたカンナは持っていない)

2.フレームと土台の塗装・組み立て

フレームと土台だけ先に塗装を行った。

塗料:K+(ツヤ有り黒)

木工用ボンドとビスを併用して組み立てた

ビス止めした時に、せっかく位置を決めたパーツがズレてしまうという問題点を自分なりに工夫して改善してみた

>>>『ビス止めした時に生じるワークズレの解決策』

3.背板の張り付けと塗装

作業効率を考慮して、背板を張り付けてから塗装した

塗料:ワトコオイル(ダークウォルナット)

準備した1×4材の背板を20㎜ほどの等間隔で張り付けた

また、木材は沿っていたり、曲がっていたりする。そのため、反りなどの向きにも気を付けて張り付けした。

 >>>『板を等間隔で張り付けた方法と注意点』

ワトコオイルは2度塗りで塗装した

4.両サイド・フロントカバー作製

目隠し用のカバーも作製した。
両サイドにはすのこを利用し、フロントにはドリルで穴あけした1×4材を麻ロープで繋ぎ作製した

[フロントカバー作製手順]

手順1.1×4材をカットする

手順2.材料の側面からΦ6㎜のドリルで貫通させる

材料の側面から90㎜の幅を電動ドリルで貫通させることは至難の業である

>>> 『幅90㎜の板を電動ドリルで貫通させた方法』

手順3.水性オイルステインで塗装する

手順4.「麻ロープ」で繋げる

板の間に結び目を作りながら繋げていく

[サイドカバー作製]

ダイソーで購入したすのこをノコギリで真っ二つにした

5.完成

ツールラック

フロントのカバーはフックで取り付け

完成してから気が付いたのだが、1×4材で作製したフロントカバーの重量が想像以上だったため、フレームをより頑丈な構造になるように作り直した

>>>『頑丈なフレームの構成と失敗例』

【主な購入品紹介】

1.後始末も楽ちん『水性オイルステイン』

和信ペイント 水性オイルステイン 300ml オールナット

価格:778円
(2021/8/3 23:03時点)
感想(0件)

私がよく利用している和信ペイントと『水性オイルステイン』。名称が少し紛らわしい気もしますが、水性で悪臭が少なく、”オイルフィニッシュ”のような着色を再現できます。「ワトコオイル」のようなオイルと違って、濃いめ薄めなどの色味にムラを出すような仕上がりは出来ませんが、水性塗料と同じようにハケで塗装するだけで木目が浮き上がり、オイルに近い仕上がりになります。

今回の作業で初めて使用しましたが、後始末がすごく楽ちんで、オイル・ニスや水性塗料と比べて乾燥も早いので簡単に着色したい時などにおススメです!

2.実は使い道いろいろ『麻ロープ』

麻縄 HA-724 太さ約6mm 長さ250m | 麻 ロープ 果樹 植木 結束 誘引 根縛り 枝縛り 枝吊り 雪吊り キャットタワー 爪とぎ DIY 修理

価格:1,850円
(2021/8/7 23:40時点)
感想(8件)

なんとなく農作業などで利用されそうなイメージの麻ロープ。今回の作業で私は木材を繋げるために使用しました。
引っ張りや劣化などによって切れる心配もないし、”麻”のこの自然な色味DIYの作品によく馴染むので気に入ってます。

麻ロープという商品を調べてみてわかったことが、工夫次第で使い道がたくさんあるということ。DIYだけでなく身の回りのインテリアとしても幅広く活用されています。私自身も今後、結び方などを覚えて様々なアイテムに取り入れていきたいです!

◆作業レポート

●コメント(よかったことなど)

ー「縦長にスペースを設けることで省スペース化
大容量の収納BOXを作ってしまうと置き場所に困ってしまう問題点があった。そこで壁際に縦長のような形式でツールラックを作製した。これにより以前だとコンテナを積み重ねてあったスペースがスッキリした。(収まり切らなかったが)

ー「ツールがむき出しにならないように目隠しとしてカバーも付けた」
電動工具などのDIY関連のツールが常に見えていては、見た目が悪くなると感じていた。そのため、両サイドとフロントにカバーを装着。全面すだれにすることも考えた。しかし表がシャッターみたいにずっしりしていた方が、カッコイイと思ったため、割と”ゴツイ”作りになった。個人的には気に入っている(使いづらいけど)

ー「自由な使い方のできる仕組み」
フックをかけて道具をぶら下げたり、釘など打ち込んだり、敢えて棚などは設けず、今後使いやすいようにカスタマイズできるようにした。あくまで木製なのである程度の修正も可能であり、必要に応じて実行しようと考えている

●改善・反省点(次はこうしたい)

  • フロントと重量が重くて若干取り出しづらい
  • サイドカバーのすだれがミスマッチ
  • 土台の材料に著しいガタつきあり
    ⇒ゴムを重ねて高さ調整

>>>この作業のもう少し詳しい説明

『DIY関連のツールラック』~もう少し詳しい”ピックアップ作業風景”
『DIY関連のツールラック』に関する作業内容を「ピックアップ作業風景」としてもう少し詳しく紹介しています。合わせて失敗例なども紹介しているので、参考までにご覧ください・・・

シェアする

フォローする