シェアする

『RX-78-2U ユニクロVer.』スミ入れ、トップコート

作製キット:RX-78-2U GUNDAM ユニクロVer. HG1/144

作業内容
・素組み
・スミ入れ
・合わせ目消し
・トップコート

作製コメント

あのユニクロとのコラボ企画で入手できた特別なガンダム。塗装したり汚したりするのはもったいない気がしたため、普通に組んでスミ入れして合わせ目消してみた。初めてトップコートで仕上げたが、吹き方があまり良くなかったかもしれない。

完成写真へ

「素組みのオリジナル解説

少しは役に立つかも?!ふくろうマンのオリジナル解説~素組み編
自分なりに工程の再確認、作業の確立という意味でオリジナルで解説しています。私自身まだまだ技量が至りませんが、これからほんの些細なことでも参考になればという思いで紹介しています

◆作製シーンの紹介

「うまくできた」「難しかった」「失敗した」など作業中の印象に残った内容を紹介します。

1.”おまけ”とは思えないキットのクオリティ

「ユニクロコラボだから」とか「どうしても欲しかった」とか

そんな理由でこのキットを入手したわけではない。
「ちょうどTシャツが欲しかったから」

オレからしたら限定版のコラボキットは、ホントにおまけ感覚

そのつもりだったが・・・

可動域も広くて配色もよくてカッコイイ!

そもそも10年以上ぶりにガンプラを再開したから、バンダイ様の技術が向上していることにも気が付けなかったが、
それにしても、おまけとは思えないクオリティ

肩回りの関節も設計されていて思うがままポージングができた。

2.超”楽ちん”な『流し込むタイプ』のスミ入れ塗料

私はこれまで、スミ入れは「極細ペン」を使用していた。
その名の通り、先の細くなっているペンでモールドをなぞっていくもの。
たぶん、昔からプラモデルを作っていた方なら必ず通ってきた道だと思う。

今回使用したのは「流し込む」タイプのスミ入れ塗料。

これがめちゃめちゃ感動ものだった。

なぞらなくても勝手にモールドをつたっていく

“ちょん”と1か所に塗料を乗せるだけでどんどん浸透していく。
極細ペンでも入り込めないモールドにもつたっていく。

このアイテムがいつから販売されていたのか分からないが、もっと早く知りたかった・・・

自分が知らなかっただけであって、ガンプラなど作っている人はみんな知ってるであろう。

オレのように「知らなかった」という人はパッケージだけでも覚えておいてね。

簡単に良いところをまとめてみます

流し込み塗料の良いところ

  • 作業効率がいい
  • 拭き取りやすいから失敗が少ない
  • かなり細かいモールドにも対応している

一応、悪いところも記載しようとしたけど思いつきませんでした。

それくらいgoodなアイテムです。

◆完成写真

作製レポート(自分用)

今後のスキルアップのための振り返り

『流し込みタイプのスミ入れ』

10年以上も前にガンダムを作っていたときは、
ひたすら極細ペンでスミ入れを行っていた。
流し込みタイプのものがあることを知り、今回初めて使用した。
ノンストレスで早く正確にスミ入れでき感激した。

『キットについて』

今回作製したガンダムはいわゆる”おまけ”みたいな品ではあった。
しかし、現代の技術がしっかり反映されたものであった。
私のHGに対する印象は、10年以上前で止まっているが、
少なくともそれより完成度と満足度が高い

またこういうコラボ企画があれば入手してみたい

『トップコートの使用』してみて

記事中では紹介していないが、完成後にトップコートを使用。

ビフォアフターで見た目に変化があったかどうかでいうと
正直わからないくらい
ただ、白を基調としたキットではあったので、もっと様々な色で
試して違いを確認していきたい