シェアする

『HG1/144  ギャン』合わせ目消し、全塗装など練習用として

作製キット:YMS-15 ギャン HGUC1/144

作業内容
・合わせ目消し練習
・全塗装練習

作製コメント

合わせ目消し、色分け全塗装の練習用として購入したHGギャン。
組み立てるにつれて、だんだんカッコよく見えてきて、練習用にはもったいないと思い始めていった。
だからこそ、気持ちを込めていろいろ試すことができた。

完成写真へ

◆作製シーンの紹介

「うまくできた」「難しかった」「失敗した」など作業中の印象に残った内容を紹介します。

1.重厚感にかけてしまった調合

ギャンのメインカラーともいえるパープル。

説明書に記載されている色は3種類の調合によるものだった。
しかし、そのうちの2種類しか持ち合わせしかなく、その2種類で妥協した。

んー、

やっぱり安っぽいし、重厚感が圧倒的に足りな過ぎた。
正直、調色が面倒だったが、その場合はそれに近い色を選択するのが一番楽な気がする。
昔と違って今は、カラーの品揃いがめちゃくちゃいいから絶対見つかる気がするわ。

ちなみに、背中のランドセル?は、
たまたま持っていたダークグレイ系の色で塗装したが、違和感もなくて、つや消しトップコートでも吹けば、悪くない印象だった。

2.”XF”様様!!結構イメージ通りに仕上がったシールド

タミヤカラーの「ハルレッド」「フラッドレッド」を調合して塗装した。
どちらもつや消しタイプの”XF”を使用した。

つや消しのおかげかどうかわからないがイメージした通り、
渋めに仕上がった。

この色合いは二度と出せない気がする。
全く同じ色は作れないのが調合の欠点だよな。

しかし、自分のイメージに近い色はいろんなメーカーを駆使すれば必ずある気がする。

3.やはり?昔のHGは可動域が難点だ

これは、わかりきっていたことだから特に文句とかはない。

ただ、以前作製した「ユニクロver.ガンダム」に感動しすぎて、
既存のHGキットにも期待しすぎてしまっただけだ。

敢えて具体的に指摘させてもらうと

  1. 脚が開かない
  2. 足首があまり曲がらない
  3. 腕があまり曲がらない

まあでもこの辺は、ガンプラファンなら重々承知のことだと思う。
だからこそ、

改造などでオリジナリティを高めていける安価なキット

というのが、HGシリーズの魅力だと思っている。

◆完成写真


●使用した主な塗料

塗装部位メーカー種類/カラー
ボディタミヤカラーアクリル/X16パープル
タミヤカラーアクリル/XF2ホワイト
シールドタミヤカラーアクリル/XF7フラッドレッド
タミヤカラーアクリル/XF9ハルレッド
ランドセルタミヤカラーアクリル/XF24ダークグレイ
モノアイダイソーネイルカラー/ビビットピンク

◆作製レポート(自分用)

『人生2度目の合わせ目消し』

ネットで合わせ目消しの方法を調べていると、
「簡単にできる!」
という見出しをめちゃくちゃ見かけた。
実際やってみると、想像してたよりも地味時間のかかる作業
だった。
正直言って、練習あるのみ・・・

『調合ありきの全塗装』

説明書に記載された色の調合を参考に筆塗り塗装した
タミヤカラーのアクリル塗料には ツヤあり”X” と ツヤ消し”XF” の
2種類があり、これを試すことで2つの違いも確認することができた
XFに関しては、かなり好感触なツヤ消し。

1体作り終えてみて・・・』

練習用としてつくったが1体つくるのに1か月以上費やした
作業も少しずつではあったが、
乾燥させる時間が長かった


シェアする

フォローする