シェアする

『HG1/144 YMS-15 ギャン』~無知でいろいろやってみた

【作業内容】

  • 合わせ目消し初挑戦
  • プラモキットの原色に合わせて全塗装
  • 練習用として作製

◆作業評価

―見えるところだけ合わせ目消しを行ったが、
今回は全塗装だったので多少残っていても目立つところはなかった

―関節部や背中のランドセルではダークグレイ系1色で塗装したが
違和感はなかった

―説明書に記載されているボディの配色は3色だったが
2色の調合で塗装
そのせいか重厚感の損失、安っぽさが否めない

重厚感の足りないボディ
ダークグレイ系の塗装

―シールドはオリジナルの調合
タミヤカラーの”XF”を使用し、つや消し効果もあって
結構それっぽいシールドになった

ちょっとそれっぽいシールド
ポージング

―HGなので可動域はせまい
脚はあまり開かず足首もほとんど動かせないが、腕は上がるため
ポージングにおける可動域は多少補える

―改造することで可動域を広げることもできるらしいのでいつか挑戦
してみたい


●使用した主な塗料

塗装部位メーカー種類/カラー
ボディタミヤカラーアクリル/X16パープル
タミヤカラーアクリル/XF2ホワイト
シールドタミヤカラーアクリル/XF7フラッドレッド
タミヤカラーアクリル/XF9ハルレッド
ランドセルタミヤカラーアクリル/XF24ダークグレイ
モノアイダイソーネイルカラー/ビビットピンク

作業コメント

ガンプラ再開一機目の機体 
初めて合わせ目消し全塗装を行った

〇合わせ目消しは・・・
ネットで調べていると、「簡単にできる!」という風に紹介された動画を
参考に実際やってはみたが、想像してたよりも地味で時間のかかる作業
だった

〇初めての全塗装・・・
説明書に記載された色の調合を参考に筆塗りで塗装
タミヤカラーのアクリル塗料には ツヤあり”X” と ツヤ消し”XF” の
2種類があり、これを使い分けることで2つの違いも確認することができた
XFの方はこれだけでも十分なくらい仕上がりがよかった気がする

〇とりあえず1体作り終えてみて・・・

―今回は練習用としてつくったが1体つくるのに1か月以上費やした
作業も少しずつではあったが、特に乾かしている時間が長かった気がする
しかしながら、出来栄えはともかく練習用としてつくったギャンに
愛着も沸いた

―ただ組み立てるだけではなく、様々な作業を取り入れ、
時間をかけることで定価の価値だけではない付加価値も
高くなっていくもの
だと強く感じた